ララ(中々みどり)のブログ

日常の出来事、LGBT関連の特に性同一性障害のMTFの話などを記載していくつもりです。

MTFを語った偽物

前にも述べてるように、私はオカマバーで仕事してます。

ある日「自分はMTFだ」と名乗る、見た目完全な男性のお客さんがお店に来店しました。

ただ、その時のお客さんの容姿で、本当にMTFか疑問に感じるところがありました。

その理由は名札をぶら下げて来たからです。

その名札には会社名と明らかに女性の名前が書いてありました。

話を聞くと女性が働いている飲み屋さんにも名札をぶら下げて飲みに行ってるらしいのです。


要は「自分は女性だから、女性で対応して!」とお店に強要してるらしいのです。

それも明らかに男性そのままの姿で。


何か違和感を感じ

、その人が本当にMTFなのか色々会話(女性ホルモンとMTF診察は大まかなことしか話してません)し言動や仕草・行動を観察しました。

さらにお店のオーナーと相談して別の日に体験入店してもらうことになりました。

本人いわく、女性ホルモンを摂取してて性同一性障害の診断も受けて、東京で1週間オカマバーで働いてた経験があると。


体験入店の日になり自前のワンピースと、1万円もしたらしいウイッグ(明らかにメンテしてないボサボサ状態)と化粧してても男性と丸分かりのメイク姿でお店に来ましたが、やっぱり名刺をぶら下げて来ました。

それからお客さんが来店したので、一緒に接客したのですが、明らかに話が違ってきたのです。

大体、1週間もあれば水商売での接客の仕方やお酒のた作り方はマスターしてますし、東京のオカマバーで働いていたのなら尚更のこと、お客さんとの会話のやり取りやマナーも知ってるはずですが、水商売の基本が全く駄目でした。


お客さんの接客終了後に「本当に東京のオカマバーで1週間働いてたの?」と聞くと、本当は1日で、それも2時間だけの全く素人だったのです。

たぶん他の話も狂言では?と思い女性ホルモンの知識や性同一性障害の診断を訪ねたら、嘘を並べたててきました。

明らかに私が以前話してやった、ほんの一部の知識しか話せませんでした。

何という名前の女性ホルモンを摂取して、私が通ってる同じ病院で、何の診断をしてるかも、全てアヤフヤです。


私は確信しました「彼はMTFを語った偽物の女装趣味」であることを。


それでも職業オカマで勤められれば良いのですが、次のお客さんには「私の心は女性だ!」と主張し過ぎて、お客さんが引いてしたったのです。

改めて接客の仕方を教えてると「私のことが嫌いなんでしょ?私には私のやり方があります」と、いきなり被害妄想に走りだしました。

とりあえず、もう1日体験入店を進めると「もう1日体験入店します」と日程を了承した上で約束してましたが、当日何の連絡も無く、無断欠勤したのです。


それから、しばらくして何食わぬ顔でお店に現れ、無断欠勤の謝罪も無しに再度体験入店したいと言ってきました。

とりあえずオーナーに確認して再度体験入店してみることに。

でも結局、再度の無断欠勤。


後日、彼が勤めてる会社の人が飲みに来てくれたので、彼の評判を聞いてみたら、やっぱり会社でも「女性として扱って!」と周りに主張したり、会社側に強要してたり、またに無断欠勤もするらしく、おまけに履歴書や保険証等は男性の名前なのに勝手に女性の名前の名刺を作ってぶら下げてるらしいのです。


今までの内容を踏まえ、この人の事を私はこう解釈します。

「単なる女装趣味の男性で、仕事面で楽して給与を貰おうとし、好きなお酒を安い女性料金で飲み、MTFで疎外されてると飲み屋の女性に話し同情を得て女性に近づこうとしてる、MTFを語った偽物」だということを。


ただ、彼の場合は明らかに偽物と本当のMTFなら分かると思いますが、MTF当事者以外の人に違いが分かりにくいのが現状です。

つまり強要し過ぎると、彼のように周りからMTFと認めてもらえない単なる頭の行かれた変人扱いになります。


MTFのみなさんは彼と同等に見られたいですか?

同等に見られたくなかったら、自分の言動・行動を今一度見直してみましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。