ララ(中々みどり)のブログ

日常の出来事、LGBT関連の特に性同一性障害のMTFの話などを記載していくつもりです。

女性ホルモンは、決してコスプレ・女装グッズではありません!

ネットで「女装・女装趣味」と検索したら、必ずと言って良いほど、女性ホルモンを摂取してる女装趣味の人のブログやコメントを目にします。

殆どが女装趣味が過激になった結果で「もっと女性に見られるようにしたい・女性ホルモンのお陰で男性から好感をもたれ性的な欲求も満たされる」とか、コスプレイヤーに至っては「好きな女性キャラに近づいきたい」と、ある意味オタクで完璧主義を達成する為に女性ホルモンがコスプレ・女装グッズみたいに使われてます。

女装趣味・コスプレイヤーの女性ホルモンの摂取を非難すると必ず「自己責任で女性ホルモンを摂取してるだけで、誰にも迷惑なんかかけてない!」と反論します。

最悪は「私もMTFなの!」と言い訳します。


「女装趣味・コスプレイヤーの女性ホルモンの摂取が本当に誰にも迷惑かけてないんですか?本物のMTFがMTFの知識が無い人から、偽物のMTFと同じに見られて、大迷惑してるんですよ!」


本来、女性ホルモンの摂取は「更年期障害やホルモンバランスが崩れた女性・性同一性障害のMTF当事者・染色体異常等のいわゆるフタナリの人」の治療の為だけに使われなければなりません。


事実、リアリティを追求するのであれば、コスプレ・女装グッズには『皮膚に直接貼れる医療用接着剤を使った本物に近いシリコン乳パット・ブラジャー式シリコン乳パット』が存在します。

他にも『ヒップ用シリコンパット』も存在してます。


そう!

女装趣味やコスプレイヤーが女性ホルモンを摂取する必要は無いのです。


ただ過激になり過ぎた女装趣味・コスプレイヤーが「女性ホルモン摂取したら、オッパイ出てきてリアルだよ!体系が女性に近づくよ!」と、コスプレ・女装グッズやサプリメントみたいな感覚で女性ホルモンに手を出し、サイトで同じ女装趣味・コスプレイヤーの仲間等に女性ホルモンを進めています。


以前、カツラを被って化粧した女装趣味の男性が、銭湯の女湯に侵入し「女装した男性が女湯にいる」と通報される事件を起こしました。

捕まった犯人の言い訳が「私は女性です」と何度も言ったみたいですが、最後は「女性の裸が見たかったから」と本当の目的を自白しました。

その犯人は以前にも女湯に侵入し捕まった経緯があり、明らかにMTFと偽っての犯罪です。

でも、この事件をMTFの知識が無い人には、本物のMTFと犯人が同じ扱いにされて「頭のイかれた気狂い」と見られてしまっているのが現状です。


こんな事件があっても、女装趣味・コスプレイヤーの人が女性ホルモンを摂取することが、誰にも迷惑をかけてないと言えるのでしょうか?


私は「女装趣味・コスプレイヤーの人は決して女性ホルモンに手を出すな!」と言いたいです‼︎

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。