ララ(中々みどり)のブログ

日常の出来事、LGBT関連の特に性同一性障害のMTFの話などを記載していくつもりです。

勘違いしないでね!女装を極めても、決してMTFにはなれませんよ‼︎

私は水商売の世界に入って3年になります。

どの職業も同じと思いますが、水商売も厳しい世界です。

いつ私自身が、お店を解雇されるかもしれませんし、ひょっとしたら、いつかお店自体が無くなるかもしれません。

その為、私自身とお店のことを多くの人に知ってもらい、将来への不安を少なくする為、複数のSNSやブログ等にて宣伝を兼ねて情報を発信してます。

その中には、もちろんInstagramも含まれてますが、そのInstagramの中に「女装・シーメール・LGBT」をキーワードにしていた人がいました。

私はその人が「化粧した自分の顔と、多分ニューハーフと思われるスタイルの良い別人の身体とを合成した、詐欺まがいの写真」を投稿しているのに気付き、その投稿に対して「この人、まんまと騙されてるよ!」って思えるコメントをしてる女装サン達に、投稿写真が合成写真であることを知らせただけなんですが、その女装サン達の中で「いかにも女装!」に見える人からのメッセージがありました。


「いろいろ勉強して極めてらっしゃるんですね?私も女装を極めたかったです」

その女装サンは、たぶん私がブログに載せてる写真と同じように、お店でドレスを着て水商売風の化粧してる写真の投稿をInstagramで見てての感想だと思います。

しかし私は以前から述べてるように、自分自身を「女装してる」とは思ってませんし、仕事やプライベート・自宅でも女性として常時生活を送っていて、たまたま水商売の仕事に従事出来るようになり、毎日仕事の為に化粧をしていたら、化粧を始めた頃より綺麗に化粧が出来るようになっただけなんですけどね。


確かに化粧の基本をネットで調べ、私の場合は顔が普通の女性よりも大変汗っかきだった為、基本だけでは直ぐに化粧が落ちてしまうので、自分でアレンジしたやり方を、いろいろ試して現在の私オリジナルの化粧方法になってます。

ちなみに夕方の出勤前に化粧を済ませても、多少汗をかいても明け方の帰宅するまで、数回「フェイスパウダー」で軽く化粧直しをするぐらいで、ほとんど化粧が落ちてない状態にキープ出来るようになりました。


つまり、普通の『女性』が普通に化粧し、不満がある場合は改善方法を探して試してるのと同じ事をしているだけで、決して『女装を極めた人』じゃないんですよね。


そもそも女装は「心が男性」である以上、たとえ『女装を極めた人』でも、やっぱり『女装』であることには変わりありません。

ただ化粧やファッションが女性ぽくなっただけ。

それに『女装を極めた』とか、私は一度も考えたこともないので、女装サンと私達MTFの考え方の違いがハッキリと認識出来ます。


ネット上では、たまに「私は性同一性障害のMTFで、性転換手術をしたけど、今は間違ってたと気付いて後悔してます」や「性転換手術して女性になったけど・やっぱり男性に戻ります」みたいな意味合いの記事やコメント、更には「性転換手術した元男性が自殺」みたいな記事を目にすることがあります。

たぶん本人は元々女装サンで、ただ女装しただけでは満足出来ず、女性ホルモンを摂取し、女性的な身体に近づき「女性になれる」と思い込み、最終的に自分のことをMTFだったと勘違いを起こして性転換手術を受けた人達だと思います。

ひょっとしたら、ただ単に女装趣味だったけど、男性として仕事やプライベートの生活を送ることに嫌気がさして、「女性って男性より楽だよね、私も女性になろう」とか「仕事や人間関係で、もう男性として生きたくないから、女性として残りの人生をやり直そう」いうような、安易な考えから性転換手術に至ったのかもしれません。

また、性転換手術する時に必要な性同一性障害の診断書を安易に発行した病院側にも責任があると思います。

以前のブログに記述してるように、短期間で性同一性障害の診断書を交付する病院で充分な性同一性障害の診察を行わず、結果として病院側が本人の『心は男性』という真実を見抜けなかったのでしょう。

その状態のままで性転換手術して、実際に女性として生活してみると、女性としての生活が考えていた理想と、現実があまりにも違い過ぎて、女性として生きていくことが、いかに大変で楽ではなかったことに気付き、性転換手術を行なったことに対しての後悔している結果でしょう。


要は、性転換手術を受けた女装サンの心が『心は男性』から『心は女性』に変わったわけではなく、ヤッパリ『心は男性』だったのです。


でも、それは当たり前のことで仕方がありません。

MTFは女性と同じように、この世に生まれた時から『心が女性』で過ごし、今まで一度も自分の心に『男性』と感じたこともなく、代わりに色んな女性の言葉や考え・行動に対して「私も彼女の考えに賛成」とか「私なら〇〇って言う」や「私なら〇〇する」というように、常に『私の心は女性』であることを意識し、女性を自分自身に置き換えて考えてきた結果で、女性自身が仕事や生活していくことが、決して楽ではないことも最初から理解しているから、性転換手術後も女性として生きていくのに悔いは感じないのです。


しかし女装サンは「自分の心が女性である」と思い込むまでは『心は男性』と感じてたはずなので、女性が生を受け成長していく間に、どのように物事を考え行動していたのかを知ることが出来ず、たとえ女性ホルモンの摂取や豊胸・整形手術性転換手術を受け「顔も身体も女性」の見た目になっても、女性との考え方や行動に差があり過ぎるのに気付き、その結果『性転換手術したことへの後悔』という形になってしまいます。

もちろん女性と考え方が違うので、女性達と意見が合わないことが多く、最悪の場合には女性達に嫌われ避けられる結果になるでしょう。

まさに『理想と現実は違う』という言葉の意味を実感することになるのです。

実際、私が一緒に仕事したことのある、「最初はゲイから始まって、その後に女装することを覚えて、今は心も女性になった」と言ってた同僚達も、私や女性のお客さん・仕事で関係してる女性等と考え方が違うため、女性の人達とよくトラブルを起こしてました。

ある時「女性客がこんな接客を見たら、絶対に引いて嫌がられるよ!」といえる接客を、平気な顔をして女性客の目の前で行いった時に「女性客のことを全く考えてないよね?  本当は女性が嫌がることなんて、全然理解出来てないでしょう?」と言いたくなり、仕事の終わりに指摘したら「あの接客で女性のお客さん楽しんでたから良いじゃん」と逆ギレされたこともあります。

実際は「もう二度とアナタがいる限り、ここのお店に来ない」と分かる顔をしてお店を出られる女性のお客さんが殆どで、やはり二度と来なくなっちゃったのが現実でした。

ただ、この事例は「ヤッパリ女装の人には、女性の本当の気持ちが分かっていないじゃん!  心は女性と言うのは嘘だよね?」と言える出来事の、ほんの一例なんです。


最後に女装サンに質問です。

「あなたは、女性達から嫌われ除け者にされても、女性として生きていける自信がありますか?」

「あなたは今後、歳を取って老いていく自分の顔や身体に我慢が出来ますか?」

「歳を取って、お世辞にも綺麗とは言えない姿になって、誰も見向きもしなくなっても、女性として生涯を終える自信がありますか?」


ちなみに私は、どんな姿になろうとも女性として一生を終える自信があります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。