ララ(中々みどり)のブログ

日常の出来事、LGBT関連の特に性同一性障害のMTFの話などを記載していくつもりです。

長崎大学病院と、他のお店のオカマちゃん達と交流

私は半年に1回、ホルモンバランスや女性ホルモンの摂取による身体への悪影響や、その他に癌などの病気にかかってないか、長崎大学病院の産婦人科で血液検査してもらっています。

昨日の3月5日が検査日だったので行ってきました。




私がLGBT関連の記事をブログに上げる際に、長崎大学病院で性同一性障害のガイドラインによる診察を受け、性同一性障害のMTFだと認定されたことを話してますが「ネット上では、何とでも言えるから、あなたも嘘ついてるんじゃないの?」って思ってる人もいるかもしれませんので、写真を載せてみました。


写真には長崎大学病院の診察カードに受診票が写ってます。

また写真からは、私がもうすぐ51歳の性別が男性で、採血後に産婦人科で内分泌の診察を受けていることが分かりますよね?

ちなみに以前は注射器3本分の採血と採尿してましたが、前回から血液による分析が改善されたらしく採尿が無くなり、代わりに採血が注射器5本分になりました。


採血が終わって30分から1時間後に、ある程度の検査結果が分かるのですが、毎回だいたい同じ内容の話しがあるのですが、今回はいつもの話しにプラスして、今現在の私の体内にある男性ホルモンの数値に対して話しがありました。


医師の話しでは、私の男性ホルモンの数値が、通常女性が保有する男性ホルモンより低いみたいで、今の私は『女性ホルモンの塊』らしいです。

ここ最近、私が便秘気味なのは、男性ホルモンが少なくなったせいかもしれません。

あと、女性ホルモンの数値は女性としてなら正常の数値で、ホルモン以外も至って正常らしいです。


ちなみに私は『卵胞ホルモン剤・黄体ホルモン剤・抗男性ホルモン剤』の3種類の女性ホルモンに関わる薬を摂取していますが、男性ホルモンの数値が低いので、しばらく抗男性ホルモン剤の摂取を控えてみることになりました。

確かに私の場合、女性ホルモンを摂取し始めて1年から2年の間に生殖機能がなくなってしまいました。

つまり精子も精液も生産されなくなって、今後私の遺伝子を残すことが出来なくなっているのです。

また、女性ホルモンの摂取を続ける影響か、今後いろんな病気にかかるかもしれません。

それでも私は「女性ホルモンを摂取することの代償には何があるか?」を自分自身で調べ理解したうえで女性ホルモンの摂取を続けているので、悔いはありません。


ちなみに私が今後、性転換手術を行い戸籍を男性から女性に性別変更した後に、男性特有の病気(例えば前立腺癌等)にかかってしまったら、性別変更を行った時点で女性として扱われ、女性では発症しない病気の為、健康保険の適応は出来ないので、全額負担になります。


性同一性障害と認定されたホルモン治療を行っている人は、いろんなリスクを承認の上で、そのリスクを背負いながら今を生きてます。

だから、興味本位や趣味の延長線でのサプリメント感覚で女性ホルモンを摂取しないで欲しいと思います。



その後、長崎大学病院での診察を終えて、この日はお店を休みにしてたので、ココウォーク長崎やドン・キホーテ等で、お店で身に付けるアクセサリーや化粧品・ランジェリー等を購入。


また、思案橋をブラリとした後に、以前から親交のある思案橋のショーハウス『フェアリー妖精』に行って、ショーを観たり、オカマちゃん同士で井戸端会議をしながら、心のリフレッシュをしてきました。

私は『フェアリー妖精』のオカマちゃん達には何か通じ合えるものゆ感じ、まだ尊敬してるんですよね。

だから、お店に寄ったら必ず元気をもらって「私も、もっと頑張ろう!」ていう気になります。


みなさんも長崎の思案橋に来たらショーハウス『フェアリー妖精』に寄ってみてください。

あなたの心に響く何かを感じると思いますよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。