ララ(中々みどり)のブログ

日常の出来事、LGBT関連の特に性同一性障害のMTFの話などを記載していくつもりです。

性同一性障害のMTF当事者で性転換手術が済んでない人達は銭湯や温泉の女湯を使用すべきではありません

とあるサイトで、性同一性障害のMTF当事者に対しての非難してる中に、こんな事を言ってる人がいました。


「MTFの人達は女子トイレを使っているのなら、銭湯や温泉でも女湯に入れば良いじゃん! そして周りから見つかって、その時に「私は心が女性」って言い訳すれば! 周りからはただの変態にしか見えないから! 捕まれば良いのに!」


もちろん同じような内容の意見を言う人が他にも居ましたが、ハッキリ言ってこの人達にはMTF当事者の真の姿が分かっていないと感じました。

MTF当事者は、その時点での「自分の姿が世間からどう見られているか?」を非常に気にします。


そもそも性同一性障害のMTF当事者は、この世に生まれきてから少なくとも、自分がカミングアウトするまでは性同一性障害であることを隠し通してます。

少なくともカミングアウトするまでは、周りや世間一般の人達とのトラブルを避けてます。


そしてカミングアウトしてからも「女性として世間からは見える」ようになるまで、いわゆる『パス度』が上がるまでは、決して女性トイレは使わずに多目的トイレを使用してます。

仮に多目的トイレが無いところなら、我慢して男子トイレを使用します。

長年我慢してたのだから、それくらいの我慢なんて平気です。

その後、自分自身の『パス度』が上がったと思っても、周囲の人達や、その他の世間一般の人達からも「私は女性として認識されてるか?」を何度も確かめたうえで、初めて女子トイレを使わせてもらいます。

私の場合は水商売してるお陰で、いろんなお客さんに、それとなく「私は女性に見えるか?」を尋ねれるし、買い物などに行った先でも店員さん達の反応を確かめてから、自身がMTF当事者であることも話して再度店員さん達の反応を確認してました。

尚、女子トイレを使用する場合には、他の女子トイレを使用している女性の方の迷惑にならないように、なるべく声を出さずに、ただ用をたし化粧直しをするのに使用するだけです。


あと銭湯や温泉での女湯の使用についてですが、MTF当事者で性転換手術を行って無い人は、まず銭湯や温泉には行きません。

FTM当事者の場合は分かりませんが、MTF当事者は自分自身の身体の特に下半身に強いコンプレックスを持ってるので、他人に見られたくないので、決して銭湯や温泉を使用しません。

銭湯や温泉はいろんな人達が利用します。

もちろん私達MTF当事者に対して否定的な女性もいらっしゃることぐらいは理解出来てますから、わざわざその人達とトラブルを起こす為に行くはずがありません。

仮に私と仲の良い親しい女性の人達からのお誘いがあったにしても、必ずお断りしてます。

「どうしても」と頼まれた場合には、銭湯や温泉に

家族風呂や部屋風呂があるか?

最悪の場合は混浴があるか?

を確認し、その種のお風呂が存在しない場合は

貸切に出来るか? 貸切に出来ない場合は施設の運営側と利用客の人達全てに、私が利用しても大丈夫か?

を確認します。

間違い無く全ての人達からの承認は得られるはずがないので、お風呂には入らずにお誘い頂いた女性陣がお風呂から上がってくるのを待合室で待つことになるでしょう。

そんなことになることぐらいMTF当事者には想像出来ます。

だからMTF当事者は決して性転換手術を済ませるまでは銭湯や温泉の女湯を使用しません。



たまにニュースやネットで女子トイレや銭湯や温泉の女湯に「女装した男性が侵入!」という事件がありますが、その事件は明らかにMTFという言葉を悪用する女装趣味の人で、「犯人は性同一性障害のMTFだった」という話を私は一度も聞いたことがありません。

もし、そのような行為を行う自身のことをMTFと名乗る人が居るとしたら、その人は間違いなく『自称MTF・MTFと名乗る偽者』としか私は思いません。


本物のMTF当事者なら、この先、女性として平穏に生きたいので、決して世の中には女性の人達との関係悪化なんて誰も望んでいないし、女性に迷惑をかける行為なんて致しません。

女性に迷惑をかけるMTFを名乗る人は偽者と思ってください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。