ララ(中々みどり)のブログ

日常の出来事、LGBT関連の特に性同一性障害のMTFの話などを記載していくつもりです。

『シェーディング』や『ブロンザー』って知ってますか?

女性の皆さんは、お化粧する時に『シェーディング』や『ブロンザー』を使ったことありますか?


『シェーディング』や『ハイライト』って、ここ数年のデパコスからプチプラの各コスメブランドには必ずラインナップしてありますよね?


大半の女性はお出掛けの時も「ベースメイクしたら、アイブロウにチークして軽くアイメイクしたら、リップ塗って終了」ってパターンが多いのではないでしょうか?


でも、ほんとは「ちょっと小顔に見られたい」や「メリハリのある顔立ちに見られたい」とか思ってる人も多いはず。

『シェーディング』や『ハイライト』は、ベースメイクだけでは表現出来ない顔に明るいところや影を描いて、顔に立体感を作りメリハリのある顔立ちにしてくれるメイク法です。

そして最近は「少しコンガリと焼けた日焼け肌」を表現する『ブロンザー』が海外で流行り、日本でも『ブロンザー』を使ったメイクをする人が出だしました。


ちなみに『シェーディング』用のメイク用品は各コスメブランドには、それぞれ色合いが薄目と濃ゆ目の2色展開が多いので「薄付きでシェーディングしてるか分からない」や「濃ゆ過ぎて、骨っぽく見える」とか、なかなか自分が満足出来る色が見つからないと思います。

そこで『ブロンザー』も『シェーディング』用品の代用品に追加してみるのも有りだと思います。


実は私も今は『ブロンザー』を『シェーディング』代わりに使ってます。

以前は『ケイト』や『メイベリン』から出てた『シェーディング』を使用してましたが、イマイチ満足出来ませんでした。

それが昨年ドン・キホーテに買い物に行った際、たまたま目に止まった『フィジシャンズ・フォーミュラ』というアメリカのコスメブランドを見つけ、そのコスメブランドのリキッドファンデーションと一緒に気になった『ナリッシング・アルガンオイル・ブロンザー』も一緒に購入してました。

この『フィジシャンズ・フォーミュラ』のリキッドファンデーションはカバー力がイマイチだったので、今はたまにしか使用していませんが、『ナリッシング・アルガンオイル・ブロンザー』に関しては今では毎日使用しています。

使用した感想は「薄過ぎず濃ゆ過ぎず、私には丁度良い感じで、ゴールドが少し入ってるのでブロンズ色みたいに品のある若干のゴールド艶が出て感じです。

ちなみに私のファンデーションは基本標準色を使ってます。

ただ商品名にもあるようにアルガンオイルが入ってますので美容には良いのですが、アルガンオイルの匂い有るので苦手な人には不向きかもです。


もちろん他のコスメブランドからも色んな『ブロンザー』が発売されてますので、今までのメイクに一つ加えてみてはいかがでしょうか?


ちなみに写真の左側が『ナリッシング・アルガンオイル・ブロンザー』になり、右側は『シマーストリプス・カスタムアイペンシル+スマッジャートリオ』というラメ入りアイライナーになります。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。