ララ(中々みどり)のブログ

日常の出来事、LGBT関連の特に性同一性障害のMTFの話などを記載していくつもりです。

『エスティローダー』と『MAC』のファンデーション

ネットで「カバー力の高いデパコス・ファンデーション』と調べたら、必ず上位に挙げられるのが『エスティローダー』の『ダブル・ウェア・ステイ・イン・プレイス・メークアップ』ではないでしょうか?

『エスティローダー』は私も使ってみて、他のデパコスブランドよりも、確かにカバー力が高いし化粧崩れし難いと実感します。

だから「今日はシッカリメイクのカバー力重視!」のメイクをする時に良く使ってます。

ただ、私の場合は『エスティローダー』の『ダブル・ウェア・ステイ・イン・プレイス・メークアップ』よりも、もっとカバー力のある『ダブル・ウェア・マキシマム・カバー・メークアップ』を使う方が多いです。


この『ダブル・ウェア・マキシマム・カバー・メークアップ』は、カバー力があるのでホクロ並みに濃ゆ過ぎるシミ以外の殆どのシミをカバー出来るのが魅力で「シミ隠しに悩んでる人向け」だと実感出来ます。

但し、若干の「塗りました感」が出るかもしれません。

ただ、私が使用してみて最初に使用する量を間違えなければ「塗りました感」は殆ど感じませんでした。

『ダブル・ウェア・ステイ・イン・プレイス・メークアップ』は『ダブル・ウェア・マキシマム・カバー・メークアップ』より多少カバー力が落ちますが代わりに化粧崩れし難いと感じます。



尚、デパコスの全ブランドのリキッド・クリームファンデーション全般に言えることですが、最初は少量を額・鼻・両頬・顎に点付けして顔の内側から外側に薄く伸ばして馴染ませ、隠しきれなかったシミ等には重ね付けすると、ホクロ並みに濃ゆ過ぎるシミ以外は意外と綺麗にカバー出来ます。

デパコスのリキッド・クリームファンデーションは、プチプラのリキッド・クリームファンデーションより値段が2倍以上しますが、その分カバー力が高い商品が多いので、1回に使用する量が少量で済み、かえってコストパフォーマンスに優れててお得な場合があります。

またデパコスのリキッド・クリームファンデーションは、プチプラのリキッド・クリームファンデーションに比べて明らかに仕上がりが綺麗で、殆どが化粧崩れし難いです。



『MAC』の『スタジオ・フィックス・フルイッド』は『MAC』の中ではカバー力があるようになってるみたいですが、使用してみたら『シャネル』の『ル・タン・ウルトラ・フリュイド』に近い感じで、カバー力は無いけど化粧崩れし難い感じでした。

『シャネル』と『MAC』って、元々深刻な肌トラブルが無く、濃いシミが無い人向け・若い人向けだと思います。



今回は私の『エスティローダー』と『MAC』のリキッド・クリームファンデーションを紹介しましたが、少しでも参考になればと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。